忍者ブログ

M-MEMO(エムメモ)

M-MEMOの「M」は「マネーのM」

「ブラジル蝶の謎」追加

「ブラジル蝶の謎」追加



スウェーデン館の謎 〈国名シリーズ〉 (講談社文庫) 」を読み終えてしまいましたので、本日Kindle本をまた1冊購入。

同じく国名シリーズの「ブラジル蝶の謎 〈国名シリーズ〉 (講談社文庫) 」を「電車のお供 本棚の整理」に追加しました。

今回の本もそうですがKindle本は印刷された文庫本を買うよりも安く購入できるのも良いところですね。

amazonでの販売価格を見ますと、文庫は596円なのに対してKindle版は486円となっています。

私は中古のKindle Fireを安く手に入れましたが、新品の「Fire タブレット 8GB、ブラック 」なら8,980円で購入できますし、さらにプライム会員なら現在4,000円引きの4,980円で手に入れることができます。




私が中古を購入したのは、自分で使ってみてどれくらい使い物になるのかを確かめるためです。

新品を購入して「使いにくい」とか「あまり役に立たない」となってしまっては、もったいないですからね。

数年前にパートナーさん用に「Kindle PaperWhite」を購入しました。

本を読むことに特化した、いわゆる電子ブックリーダーです。

現在販売されている「Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき 」は当時のものと比較すると性能も良くなっていますし、お値段も高くなっていますね。

電子ブックリーダーのKindleには「Wi-Fi + 無料3G」というモデルがあって、Amazonが3G回線料金を負担しているため文字通り無料でいつでも本をダウンロードできます。

私は「本を読む」以外のことも出来たほうが良いなと思いFireタブレットを選びました。

ただし、バッテリーの持ち時間は雲泥の差です。

Kindle電子ブックリーダーのバッテリーは仕様にも書かれていますが「数週間」となっています。

さらに上位機種の「Kindle Oasis Wi-Fi バッテリー内蔵レザーカバー付属 ブラック キャンペーン情報つきモデル 」にいたっては「数ヶ月」と書かれています。

まぁハードの部分は使い方や好みもありますので人それぞれでしょうが、本をたくさん読む方にはKindle本の価格は魅力ですよね。

・・・何故かKindleのことばかりを書いてしまいました。








PR

コメント

楽天

カラーミーショップ

ロリポップ!レンタルサーバー

XSERVER レンタルサーバー

忍者Admax

ロス・ランチェロス

P R

プロフィール

HN:
ターちゃん
性別:
非公開